Pentatonix(ペンタトニックス)のアカペラがスゴい!メンバーの名前・動画やカバー曲を紹介!

みなさん、Pentatonix(ペンタトニックス)をご存知ですか?

これで声だけ!米アカペラグループのPerfumeメドレーがスゴすぎるhttp://www.cinematoday.jp/page/N0084346

シネマトゥデイのニュースで話題となっていましたので、気になって調査してみました!

Pentatonix(ペンタトニックス)って何?

ペンタトニックス(Pentatonix)は2011年に結成されたアメリカ合衆国テキサス州出身のア・カペラ五人組。グループ名は「五音音階(Pentatonic scale)」に由来。

デジタルエフェクト系サウンドをア・カペラでの大胆なアレンジ、ヒューマンビートボックスによる表現は再現性の高さ・着眼点の良さから口コミで人気が広がった。

Wikipediaより

YouTubeチャンネルの動画総再生回数は11億回を突破し、2度のグラミー賞に輝く実力派グループのようです。

左から ミッチ、スコット、カースティ、ケヴィン、アヴィ

話題のPefumeのアカペラ動画を紹介!

アカペラというジャンルは以前からあり、日本でもネプリーグのハモネプなどで大流行しましたね。アメリカでもひとつの人気ジャンルとして確立されており、Youtubeを中心にオリジナルアレンジを加えた音楽を発信し、アマチュアからプロデビューする歌手がたくさんいます。

数あるグループ・歌手の中でも、特に注目されているこのペンタトニックスは相当の実力派であると言えるでしょう。

なんでPerfumeのカバーをしたの?

彼らにとって日本語の曲をチョイスするのは初めての試みで、今回はPerfumeの「ポリリズム」「チョコレイト・ディスコ」「Spending all my time」「Pick Me Up」の4曲をマッシュアップしています。

「Perfumeの曲はどれもすごくクールでエネルギーに溢れていて、それが(選曲の)大きな決め手だったよ。そして、それらを繋ぎ合わせて、メドレーに仕上げたんだ。僕達全員がPerfumeの曲の複雑さに大興奮したよ」と本人たちもコメントしています。

ご存知の通り、Perfumeは海外でも大人気のグループで、アメリカにおいても知名度・人気は圧倒的です。またパフュームの曲調の特徴として、繰り返しが多く、日本語も少ないのでカバーしやすかったのかもしれません。

ペンタトニックスの他のカバー曲が気になる!

①Daft Punk(ダフトパンク)のミックス

➡2億回再生されている、彼らのミックスの中で一番人気なものです。

– Technologic
– One More Time
– Get Lucky
– Digital Love
– Harder Better Faster Stronger
– Television Rules The Nation
– Around The World

Can’t Sleep Love

➡彼らのリードオリジナルソング

③Telephone -Lady GAGA

➡2010年、彼らがまだ有名になる前、高校生だった頃のカバーソングです。

メンバーも3人ということでだいぶテイストは違いますが、既に才能を表しています。

アメリカの大人気ドラマ、gleeを思い出しますね。

④Joy To The World

➡言わずと知れた名曲のカバーです。楽しそうに歌っているのが印象的です。

⑤Problem Ariana Grande

➡アリアナグランデのこの曲はカバーされていることが多いのですが、圧倒的実力を見せつけていますね。

以上、Pentatonix(ペンタトニックス)について調査しました!