神の舌を持つ男の主題歌の歌詞が気になる!歌手(坂本冬美)や意味についても調査!

TBS系金曜ドラマ「神の舌を持つ男」の主題歌が美しくて気になる!ということで、調査をしました!

「神の舌を持つ男」の主題歌は?誰が歌っているの?

「女は抱かれて鮎になる」という曲で、坂本冬美さんが歌ってらっしゃいます。

なんと、演出の堤幸彦氏から「ど真ん中の演歌をやっていただきたい」と坂本さんは“直接指名”を受けてつくった曲だそうです。

坂本はそんな監督直接の主題歌抜擢に「信じられません。まだ夢じゃないかっていうそんな感じがします」とコメントされています。

以下は動画です。坂本冬美さんらしい力強い曲ですね。

「女は抱かれて鮎になる」の歌詞は?

湯けむりの日暮れ里

蝉時雨 隠れ宿

一日分のかなしみを

洗い流して拭き取るけれど

かききれない 荒い波

あなたを今も 恋しがる

抱いて 抱いて もう一度

抱かれりゃ鮎になれるから

➡演歌らしいしっとりとしたメロディーに切なさがこもった歌詞ですね。

「抱かれりゃ鮎になれるから」の歌詞の解釈が難しいですね。

ドラマ「神の舌を持つ男」は温泉を巡るドラマらしく、歌詞がふさわしい曲ですね。

向井理さんも「聴いていると各地の撮影場所を思い出すように、情景が浮かんできます」とコメントしてらっしゃいます。

タイトルや歌詞の意味に戸惑う人続出!

その強烈な曲名や意味深な歌詞にツイッター上では戸惑いの意見が散見されました!

タイトルや歌詞の意味は、ドラマを見た人のみぞわかる!と言ったところでしょうか。

「神の舌を持つ男」というドラマのタイトルも謎ですし、主題歌も謎です。

視聴者を誘う戦略でしょうか?ドラマを見てこの謎を解き明かしてみてはいかがでしょうか?