インスタグラムの新アイコンに違和感の声!なぜ変更されたの?評判や意味も調査!

インスタグラムのアイコンが2016/5/11に変更されました。

左が従来のもの、右が新しいアイコンです。

画像の通り、大きなイメージチェンジになっております。

アイコンの変更に違和感の声多数!

大幅な変更に、「違和感!」「前の方がよかった」「ださい」など、とまどいの声が多くあがっているようです。

一方で、新しいアイコンが好きって人も一定数有

しかし圧倒的に批判的な声の方が多く見受けられました。

なぜアイコンが変更されたの?

インスタグラムの共同創業者でCEOのケビン・シストローム(Kevin Systrom)は自身のアカウントで「新たなインスタグラムのアイコンとインターフェイスを共有出来て嬉しく思います。新デザインは活気に満ち多様性を表現しています。これまでのアイコンに親しみを感じていただいていると思いますが、新たなデザインがクリエイティブのひらめきとなることでしょう」とコメントしている。

引用

http://www.fashionsnap.com/news/2016-05-12/instagram-update/

どうやら新アイコンは、活気に満ちた多様性の意味だそうです。

また、新たなデザインがクリエイティブなひらめきに繋がるとコメントされています。

確かにレインボーカラーはLGBTのような多様性を表すシンボルですし、ニュアンスは伝わってきますが、他のアプリと見間違える人も多いと思われます。

従来のアイコンイメージは十分にユーザーに定着しており、新しいアイコンを見てもすぐにinstagramと気づく人はいないのではないでしょうか?

SNSアイコンは非常に強いイメージ力を持っており、ここまでユーザー数を増やしてきたインスタグラムが新しいアイコンに変更するというのは、非常にリスクが高いことと予想できますね。

そのリスクをとってでも、新しいアイコンの「多様性」というイメージを意味付けたかったのでしょう。

まとめ

現状、新しいアイコンの評判は良くないと言えます。

アップデートをしたら慣れ親しんできたアイコンが、急に変わってる!となると、ユーザーが混乱してしまうのは当たり前だと思います。

しかし人々が慣れてきたらまた市民権を得て、「インスタグラムのアイコン」として受け入れられるでしょう。

このアイコンがどうやって受け入れられていくか、はたまた受け入れられずユーザーが離れていくか。

これからがインスタの力の見せ所ですね。